宅地建物取引士資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

宅建の過去問 第10990問 出題

問題

建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。
 1 . 
常温において鉄筋と普通コンクリートの熱膨張率は、ほぼ等しい。
 2 . 
コンクリートの引張強度は、圧縮強度より大きい。
 3 . 
木材の強度は、含水率が大きい状態のほうが小さくなる。
 4 . 
集成材は、単板などを積層したもので、大規模な木造建築物に使用される。

この宅建 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
【答え】2.

1. 正
熱膨張率を示す線膨張係数は、常温において両者とも1×10-5/℃で、ほぼ同じです。
このため鉄筋コンクリート構造の建造物は、温度変化があっても両者が一体となって伸縮するので、コンクリートに膨張差によるひび割れが生じません。

2. 誤
コンクリートは引張りに弱く、圧縮に強いです。
鉄筋は引張りに強く、圧縮に弱いです。
お互いの弱点を補強したのが、鉄筋コンクリートです。

3. 正
木材は含水率が増すと強度は低下し、含水率が25~30%の繊維飽和点を超えると一定値となります。

4. 正
集成材は、任意の断面、長さ、大断面で製作することができ、欠点を分散することで通常の木材よりも強度性能を向上させられます。
評価後のアイコン
2014/11/05 20:24
ID : saqzjdhpr
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は【2】になります。

1:鉄筋とコンクリート、両方とも温度上昇に伴う熱膨張率はほぼ等しいです。温度上昇による膨張は、温度下降により両方とも収縮します。その結果、コンクリートと中の鉄筋にはズレが生じにくいため、安定するようになります。

2:コンクリ-トは圧縮には強いと言われていますが、一方で引張りには弱いため、靭性がないと言われます。コンクリートの引張強度に関しては、一般に圧縮強度の10分の1程度です。なので、引張りに強い鉄筋と組み合わすことにより、互いに補い合えることにもなります。

3:木材の含水率が大きい場合、乾燥が不十分であると木材の強度は低下してしまうため、反りや割れを生じる可能性が高くなります。木材は、含水率が低い方が、強度が大きいということになります。

4:集成材は、天然木の伸縮や変形、割れという欠点を取り除き、乾燥した単板などを接着剤を使って積層することによって、材質を均質なものにした加工木材になります。大規模な木造建築物の骨組みにも広く使用されています。
評価後のアイコン
2017/03/16 19:12
ID : qurfzfaek
評価する
0
評価しない
1.文章の通りです。常温において鉄筋と普通コンクリートの熱膨張率は、ほぼ等しいです。
2.コンクリートの引張強度のほうが圧縮強度よりも小さいです。
3.文章の通りです。木材の強度は、含水率が大きい状態のほうが小さくなります。
4.文章の通りです。集成材は、単板などを積層したもので、大規模な木造建築物に使用されます。
評価後のアイコン
2014/10/25 14:35
ID : ffwqkrtewz
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この宅建 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。