過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成21年度(2009年) 権利関係  過去問題 | 無料の試験問題

問題

担保物権に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

 1 . 
抵当権者も先取特権者も、その目的物が火災により焼失して債務者が火災保険請求権を取得した場合には、その火災保険金請求権に物上代位することができる。
 2 . 
先取特権も質権も、債権者と債務者との間の契約により成立する。
 3 . 
留置権は動産についても不動産についても成立するのに対し、先取特権は動産については成立するが不動産については成立しない。
 4 . 
留置権者は、善良な管理者の注意をもって、留置物を占有する必要があるのに対し、質権者は、自己の財産に対するのと同一の注意をもって、質物を占有する必要がある。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

1.〇抵当権も先取特権も、担保物権が変形した保険金請求権に効力が及びます。(物上代位性を有します。)
2.✖先取特権は、要件を満たせば法律上当然に認められる法定担保物権です。
3.✖民法325条では不動産先取特権が規定されています。
4.✖質権者の占有も、善良な管理者の注意をもって、行わなければなりません。

したがって、正解は1

2014/10/25 17:04
ID : vkwhjenv
0

1.文章の通りです。火災保険金請求権に物上代位することができます。
2.質権は契約によって成立しますが、先取特権は法定の規定で設定します。
3.留置権、先取特権動産ともに動産でも不動産でも成立します。
4.留置権者も質権者も善良な管理者の注意をもって占有する必要があります。

2014/11/09 09:04
ID : ffwqkrtewz
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。