過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成21年度(2009年) 宅建業法    宅建 過去問 | 無料の過去問題

問題

宅地建物取引業者A (国土交通大臣免許) が、宅地建物取引業法の規定に基づき供託する営業保証金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 1 . 
Aは、営業保証金を主たる事務所又はその他の事務所のいずれかの最寄りの供託所に供託することができる。
 2 . 
Aが営業保証金を供託した旨は、供託所から国土交通大臣あてに通知されることから、Aがその旨を直接国土交通大臣に届け出る必要はない。
 3 . 
Aとの取引により生じた電気工事業者の工事代金債権について、当該電気工事業者は、営業継続中のAが供託している営業保証金から、その弁済を受ける権利を有する。
 4 . 
営業保証金の還付により、営業保証金の額が政令で定める額に不足することとなった場合、Aは、国土交通大臣から不足額を供託すべき旨の通知書の送付を受けた日から2週間以内にその不足額を供託しなければならない。
この宅建 過去問の解説(3件)
1

1.主たる事務所の最寄りの供託所に全額を供託しなければなりません。
2.営業保証金を供託した後、その旨を免許権者に届け出る必要があります。
3.弁済を受けられるのは宅建業の取引で生じた債権に限られますので、電気工事代金は該当しません。
4.文章の通りです。2週間以内にその不足額を供託しなければなりません。

2014/11/11 11:50
ID : ffwqkrtewz
付箋メモを残すことが出来ます。
1

1.✖営業保証金の供託は、必ず、主たる事務所の最寄りの供託所に行います。
2.✖宅建業者は、供託をした後、供託済みの届出を免許権者に対して行わなければなりません。
3.✖営業保証金から還付を受けることができる債権は、宅地建物の取引から生じたものに限られます。
4.〇宅建業法第28条第1項により正しいです。

よって、正解は、4です。

2014/10/28 11:41
ID : vkwhjenv
0

正解は【4】になります。

1:宅地建物取引業法第25条1項では、「宅地建物取引業者は、営業保証金を主たる事務所のもよりの供託所に供託しなければならない」とあるため、その他の事務所のもよりの供託所では供託できません。

2:宅地建物取引業法第25条4項より、宅地建物取引業者は、営業保証金を供託したときは、その供託物受入れの記載のある供託書の写しを添附して、その旨をその免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事に届け出なければなりません。

3:宅地建物取引業法第27条1項より、宅地建物取引業者と宅地建物取引業に関する取引をした者は、その取引により生じた債権に関し、宅地建物取引業者が供託した営業保証金について、その債権の弁済を受ける権利を有することになっていますが、宅建業に関するものに限られています。電気工事の代金支払は宅建業の取引に該当しないため、還付にはなりません。

4:宅地建物取引業法第28条1項より、「宅地建物取引業者は、前条第1項の権利を有する者がその権利を実行したため、営業保証金が第25条第2項の政令で定める額に不足することとなったときは、法務省令・国土交通省令で定める日から二週間以内にその不足額を供託しなければならない」とあるため、この選択肢が正しい選択肢であり、本問の正解となります。

2017/06/09 09:35
ID : qurfzfaek
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 宅建の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この宅建 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。