過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成21年度(2009年) 宅建業法  過去問題 | 無料の試験問題

問題

宅地建物取引業保証協会 (以下この問において「保証協会」という。) に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

 1 . 
保証協会は、宅地建物取引業者の相手方から社員である宅地建物取引業者の取り扱った宅地建物取引業に係る取引に関する苦情について解決の申出があったときは、その申出及びその解決の結果について社員に周知することが義務付けられている。
 2 . 
保証協会は、その社員の地位を失った宅地建物取引業者が地位を失った日から1週間以内に営業保証金を供託した場合は、当該宅地建物取引業者に対し、直ちに弁済業務保証金分担金を返還することが義務付けられている。
 3 . 
保証協会は、新たに社員が加入したときは、当該社員の免許権者が国土交通大臣であるか都道府県知事であるかにかかわらず、直ちに当該保証協会の指定主体である国土交通大臣に報告することが義務付けられている。
 4 . 
保証協会は、そのすべての社員に対して、当該社員が受領した支払金や預り金の返還債務を負うことになったときに、その債務を連帯して保証する業務及び手付金等保管事業を実施することが義務付けられている。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

1.〇宅建業法第64条の5第4項により正しい。
2.✖1週間以内に営業保証金を供託した場合には、社員の地位を失わないので、弁済業務保証金分担金を返還する必要はない。
3.✖免許権者が都道府県知事である社員が加入した場合、都道府県知事に届ければ良い。
4.✖宅建業法第64条の3第2項では、当該業務又は事業は、行うことができると規定されている。

したがって、正解は1.

2014/10/28 17:42
ID : vkwhjenv
1

1.文章の通りです。保証協会は苦情について解決の申出があったときは、その申出及びその解決の結果について社員に周知することが義務付けられています。
2.社員の地位を失った時は一定期間内に認証を受ける為、公告をする必要があります。
3.社員が新たに加入した場合、免許権者に報告が必要です。
4.手付金等補完業務は義務ではありません。

2014/11/11 15:20
ID : ffwqkrtewz
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。