過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成20年度(2008年) 権利関係  過去問題 | 無料の試験問題

問題

Aが故意又は過失によりBの権利を侵害し、これによってBに損害が生じた場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

 1 . 
Aの加害行為によりBが即死した場合には、BにはAに対する慰謝料請求権が発生したと考える余地はないので、Bに相続人がいても、その相続人がBの慰謝料請求権を相続することはない。
 2 . 
Aの加害行為がBからの不法行為に対して自らの利益を防衛するためにやむを得ず行ったものであっても、Aは不法行為責任を負わなければならないが、Bからの損害賠償請求に対しては過失相殺をすることができる。
 3 . 
AがCに雇用されており、AがCの事業の執行につきBに加害行為を行った場合には、CがBに対する損害賠償責任を負うのであって、CはAに対して求償することもできない。
 4 . 
Aの加害行為が名誉毀損で、Bが法人であった場合、法人であるBには精神的損害は発生しないとしても、金銭評価が可能な無形の損害が発生した場合には、BはAに対して損害賠償請求をすることができる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

1.×不法行為による慰謝料請求権は、即死により被害者が生前に請求の意思を表明できなかったとしても相続の対象となります。
2.×他人の不法行為に対し、自己又は第三者の権利又は法律上保護される利益を防衛するため、やむを得ず加害行為をした者は、損害賠償の責任を負いません。(民720条1項本文)。
3.×確かに使用者Cは被用者Aがその事業の執行について第三者Bに加えた損害を賠償する責任を負いますが、損害の公平な分担という見地から被用者Aに対して相当程度の求償の請求をすることができます。
4.○文章のとおりです。

2014/11/25 07:24
ID : fjxabcufzq
0

1.即死した場合でも、慰謝料請求権は発生し相続する事ができます。
2.正当防衛の場合、不法行為責任を負う必要はありません。
3.CはAに求償できます。
4.文章の通りです。精神的損害は発生しないとしても、金銭評価が可能な無形の損害が発生した場合には、BはAに対して損害賠償請求をすることができます。

2014/11/17 11:32
ID : ffwqkrtewz
0

正解は 4 です。

不法行為による損害賠償請求権は、自然人のみならず法人も行使できます。

1.✖Aの加害行為によりBが即死した場合でも、Bに精神的損害が発生しており、したがって慰謝料請求権も発生します。そして、この慰謝料請求権は相続の対象となります。

2.✖Aの加害行為がBからの不法行為に対して自らの利益を防衛するためにやむを得ず行った場合、Aは不法行為責任を負わない場合があります。

3.✖CがAの支払うべき損害賠償金を代わって支払った場合、CはAにその金額を求償することができます。

2014/11/04 11:16
ID : vkwhjenv
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。