宅地建物取引士資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

住宅取得等資金贈与の特例について

贈与税の特例である、「住宅取得等資金贈与の特例」について学習しましょう。住宅取得等資金贈与の特例は出題されない年も多くあります。難しい分野ではありませんので、本試験に出題された場合は必ず得点できるようにしましょう。ただ、近年は税法分野の問題が難化傾向にあります。時間配分もよく考えて学習しましょう。

住宅取得等資金贈与の特例とは?

父母や祖父母から住宅を買うためのお金をもらった場合、一定の条件のもと、贈与税の一部を非課税とすることができる制度です。

以下、その制度について詳しく見ていきましょう。

特例を受けるための要件は?

どういった人から贈与を受ければこの特例を受けることができるのでしょうか?

父母、祖父母(直系尊属)に限ります。

どういった住宅の場合適用されるのでしょうか?

などがあります。

このほかにも教育用資金の取得の特例などもありますので試験までに確認しておきましょう。

ただ、税法は最初にも言った通り、年々難化傾向にあります。これに対応するのは非常に困難です。

深入りは厳禁です。過去問と基本事項を中心に学習するようにしましょう。

p108316041510397800531.jpg
宅建 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。