過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

指定流通機構とは

指定流通機構、通称「レインズ」について学習していきましょう。

指定流通機構とは?

指定流通機構、通称「レインズ」とは、宅建業者間で情報交換を円滑に行うために、多くの不動産業者が加盟してできた不動産情報ネットワークを管理・運営する公益法人のことです。

国土交通大臣の指定を受け設置されています。

全国にいくつあるか

全国に4つあります。

以上の4法人が指定流通機構に指定されています。

なぜ指定流通機構が必要か

不動産業者は、顧客から家等を売ったり買ったり(貸したり、借りたり)したいと依頼(媒介・代理)を受けます。

しかし、その不動産業者が持つ情報は限られたものとなります。

そこで、全国の不動産業者をひとつのネットワークでつなぎ、情報を交換することで、顧客に豊富な物件情報を提供することができ、より素早く、最適な物件を紹介することが可能となります。

媒介契約と指定流通機構

媒介契約(専任媒介契約・専属専任媒介契約)においては、指定流通機構への登録が必須となります。

専任媒介契約では、依頼を受けた日(契約締結日)から7日以内(ただし、不動産業者の休業日を除く)に、専属専任媒介契約では、契約締結日から5日以内に登録し、登録済証を遅滞なく、依頼者へ交付する必要があります。

レインズは、主に媒介契約で多く出てきます。試験に直接の出題はあまりありませんが、覚えておくようにしましょう。

p13451691151281430067.jpg
宅建 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。