過失相殺について | 宅建の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

過失相殺について

皆さん、こんにちは。今回は、宅建試験における「過失相殺」について勉強していきましょう。

「過失相殺」とは?

過失相殺は民法第418条に規定されています。その内容は、下記の通りです。
『債務の不履行に関して債権者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の責任及びその額を定める。』
つまり、債務者だけでなく、債権者にも非がある場合、その分を考慮して、損害賠償、責任の額を裁判所が決めるということです。

例えば、AさんがBさんに100万円貸していたとします。この場合、Aさん=債権者、Bさん=債務者ですね。そして、返済期日に、BさんがAさんから指定された口座にお金を振り込もうとします。しかし、AさんはBさんに黙って当該口座を閉じていました。その結果、Bさんはお金を返すことができませんでした。

この場合、Bさんは債務不履行となりますが、Aさんも「新口座」を伝えるなどの対処をすべきです。よって、Aさんにも非があるとの司法判断から、損害賠償額が決定されるのです。

宅建試験における「過失相殺」

宅建試験では重要事項になる「損害賠償請求」にて問われます。
ここでのポイントは、「損害賠償請求の予定額」を変える可能性があるということです。

「損害賠償請求額」は契約時にその額をあらかじめ取り決めることができます。
しかし、損害賠償請求額を予定していても、「過失相殺」はできるのです。
(どれくらい減額されるのかは裁判の結果によりますので、試験には出ません)

宅建試験対策としては、上記のポイントを押さえておけば、大丈夫でしょう。
あとは、実際に損害賠償請求のカテゴリーにある過去問を解きましょう。
日常生活の感覚でもイメージしやすい部分なので、慣れれば得点に繋がります。

さて、それでは今回勉強したポイントについておさらいしましょう。

  • 過失相殺とは相手にも非がある場合、それを考慮し、損害賠償や責任の金額を決めること
  • 「損害賠償額の予定」があっても、過失相殺は有効

宅建試験対策としては、上記のポイントを押さえておけば、大丈夫でしょう。
あとは、実際に損害賠償請求のカテゴリーにある過去問を解きましょう。
日常生活の感覚でもイメージしやすい部分なので、慣れれば得点に繋がります。

この授業に関連した授業
宅建試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。