登録販売者試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

登録販売者の過去問 第16348問 出題

問題

プラセボ効果に関する記述について、(    )の中に入れるべき正しいものはどれか。
医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に(    )によらない作用を生じることをプラセボ効果(偽薬効果)という。プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待や、条件付けによる生体反応、時間経過による自然発生的な変化等が関与して生じると考えられている。
 1 . 
薬理作用
 2 . 
生理作用
 3 . 
代謝作用
 4 . 
抗コリン作用

この登録販売者 過去問の解説(4件)

評価する
6
評価しない
正解:1

以下に選択肢にある用語の意味を列記します。

生理作用:生命を営むのに必要な生体内での様々な機能や働き

薬理作用:薬物が生体に及ぼす作用

代謝作用:生体内で外界から取り込んだ物質をもとに行う化学反応

抗コリン作用:副交感神経における神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを阻害することで生じる薬理作用
評価後のアイコン
2015/04/14 12:14
ID : vyjkaghdu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解:1

通常、医薬品を使用したときにもたらされる反応や変化では、薬理作用によるものの他にプラセボ効果によるものも含まれています。
プラセボ効果を薬理作用と思いこみ、購入者などが適切な医薬品の選択、医療機関の受診機会を失うことがあるので情報提供には注意を払うことが必要です。

評価後のアイコン
2015/04/30 23:49
ID : crsfcgjmuh
評価する
1
評価しない
正解は1です。

薬理作用とは「薬効成分が生理機能に与える作用」のことです。
評価後のアイコン
2015/06/04 22:05
ID : wpoxudbb
評価する
1
評価しない
1が正解です。
医薬品を使用した時にもたらされる反応や変化には、薬理作用によるものの他、プラセボ効果によるものも含まれています。また、プラセボ効果による反応や変化にも、効果と副作用があります。
ただし、プラセボ効果は不確実なものであり、それを目的として医薬品が使用されるべきではありません。
評価後のアイコン
2015/05/19 18:30
ID : ynvvbopmva
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この登録販売者 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。