過去問.com

登録販売者試験 平成25年度(地域2) 主な医薬品とその作用  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の記述は、婦人用薬として用いられる漢方処方製剤に関するものである。該当する漢方処方製剤はどれか。
虚弱体質で肩がこり、疲れやすく、精神不安等の精神神経症状、ときに便秘の傾向のある女性における冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症に適すとされるが、胃腸の弱い人では悪心(吐き気)、嘔吐、胃部不快感、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

 1 . 
桂枝湯
 2 . 
酸棗仁湯
 3 . 
白虎加人参湯
 4 . 
加味逍遙散
この問題の解説(5件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

正解は4です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1→桂枝湯は風邪の初期に用いられます。

2→酸棗仁湯は、不眠症、神経症に用いられます。

3→白虎加人参湯は、体力中等度以上で熱感と口渇が強いものの喉の渇き、ほてり、湿疹、皮膚炎、皮膚のかゆみに適します。


2015/06/06 14:04
ID : wpoxudbb
3

正解:4

1:桂枝湯は、体力虚弱で、汗が出るもののかぜの初期に用いられます。

2:酸棗仁湯は体力中等度以下で、心身が疲れ、精神不安、不眠などがあるものの不眠症、神経症に適するとされます。

3:白虎加人参湯は、体力中等度以上で、熱感と口渇が強いものの喉の渇きなどに適すとされます。

4:設問どおり。

2015/04/21 11:27
ID : vyjkaghdu
1

正解は4番です。

1 桂枝湯は、体力が衰えた時の風邪のひき始めに適するとされています。

2 酸棗仁湯は、心身が疲れ弱って眠れない人に適するとされています。ただし、胃腸が弱い人、下痢または下痢傾向のある人では、消化器系の副作用が現れやすいため、不向きとなっています。

3 白虎加人参湯は、喉の渇きとほてりのある人に適するとされています。ただし、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸虚弱で冷え性の人では、食欲不振や胃部不快感などの副作用が現れやすいため、不向きとなっています。

4 設問文の通りです。

2015/05/22 14:23
ID : ynvvbopmva
1

正解は4です。

1 桂枝湯は、頭痛、のぼせ、熱によるゾクゾク感、自然な汗の滲みなどの、風邪の初期に用いられます。

2 酸棗仁湯は、不眠症、不眠が原因となるうつ病や神経症、自律神経失調症などに用いられます。

3 白虎加人参湯は、日射病、高熱、口の渇きやほてりの症状がある時に用いられます。虚弱をカバーする人参が入っているため、子供や年配の方にも有効とされています。

2015/05/18 22:37
ID : yrhvjoouug
1

正解:4

1 桂枝湯:体力が衰えたときのかぜのひき始めに適するとされています。

2 酸棗仁湯:心身が疲れて眠れない人に適するとされています。

3 白虎加人参湯:喉の渇きとほてりのある人に適するとされ、主として喉の痛み等を鎮めることを目的とします。

2015/04/30 22:50
ID : crsfcgjmuh
border line
登録販売者試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。