過去問.com

登録販売者試験 平成25年度(地域2) 主な医薬品とその作用  過去問題 | 無料の試験問題

問題

殺虫剤に関する記述について、(    )の中に入れるべき字句の正しいものはどれか。

(    )は、有機リン系殺虫成分であり、殺虫作用は、コリンエステラーゼと不可逆的に結合してその働きを阻害することによる。
誤って飲み込んでしまった場合には、神経の異常な興奮が起こり、縮瞳、呼吸困難、筋肉麻痺等の症状が現れるおそれがある。これらの症状が見られたときは、直ちに医師の診断を受ける必要がある。

 1 . 
ジクロルボス
 2 . 
プロポスクル
 3 . 
アドレナリン
 4 . 
ダイアジノン
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

正解:1、4

殺虫成分には以下の系統があります。
●有機リン系(ジクロルボス、ダイアジノン、フェニトロチオン、フェンチオンなど)
 アセチルコリンエステラーゼを不可逆的に結合して阻害する 
●ピレスロイド系(ペルメトリン、フェノトリン、フタルスリンなど)
 除虫菊の成分から開発、神経細胞に直接作用
●カーバメイト系(プロポスクル)、オキサジアゾール系(メトキサジアゾン)
 アセチルコリンエステラーゼを阻害、ただし有機リン系と違い可逆的結合
●有機塩素系(オルトジクロルベンゼン)
 神経細胞に作用
●昆虫成長阻害成分
 メトプレンやピリプロキシフェン→幼虫が蛹になるのを妨ぐ。
 ジフルベンズロン→幼虫の正常な脱皮をできな
くする。


設問に記載されている有機リン系殺虫成分に該当するのは、1のジクロルボスと、4のダイアジノンです。

2:プロポスクルはカーバマイト系殺虫成分です。

3:アドレナリンは副腎髄質から分泌されるホルモン

2015/06/26 21:02
ID : vyjkaghdu
1

正解は1、4です。

1 ジクロルボスが配合された殺虫剤はハエの防除に用いられます。他にも、ダイアジノン、フェニトロチオン等があります。

2 カーバメイト系の殺虫成分で、アセチルコリン分解酵素(コリンエステラーゼ)と可逆的に結合し、その働きを阻害することによって殺虫作用を示します。 

3 副腎髄質より分泌されるホルモンで、ストレス反応の中心的役割を果たしています。

4 上記の通り、有機リン系殺虫成分です。

2015/03/18 22:08
ID : yrhvjoouug
0

正解は1,4です。

有機リン系殺虫成分には、他にフェニトロチオン、フェンチオン、トリクロルホン、クロルピリホスメチル、プロペタンホスなどがあります。

他の選択肢は以下のとおりです。

2→プロポクスルは、カーバメイト系殺虫成分です。

3→アドレナリンは副腎髄質より分泌されるホルモンです。

2015/07/04 19:58
ID : wpoxudbb
border line
登録販売者試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。