過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26953問」を出題

問題

[ 設定等 ]
使用中又は使用後しばらくしてから重篤な光線過敏症が現れることがあるため、添付文書において、「本剤の使用中は、天候にかかわらず、戸外活動を避けるとともに、日常の外出時も本剤の塗布部を衣服、サポーター等で覆い、紫外線に当てないこと。なお、塗布後も当分の間、同様の注意をすること。」の旨が記載される一般用医薬品の主な成分・薬効群として正しいものはどれか。
   1 .
ケトプロフェンが配合された外用鎮痛消炎薬
   2 .
センナ等の刺激性瀉下成分が配合された瀉下剤
   3 .
バシトラシンが配合された化膿性疾患用薬
   4 .
ブロムワレリル尿素が配合された催眠鎮静薬
   5 .
カフェインを含む成分を主薬とする眠気防止薬
( 登録販売者試験 平成26年度 医薬品の適正使用と安全対策 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
ケトプロフェンは、副作用として光線過敏症があり、紫外線により使用中または使用後しばらくしてからでも、光線過敏症が現れることがあります。
またピロキシカムでも光線過敏症の副作用が生じることがあったり、貼付剤の場合は剥がした後でも発症する場合があります。
よって2.3.4は当てはまらないので、1が正解となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
ケトプロフェンに限らず、外用鎮痛消炎剤の多くは直射日光による光線過敏症を起こす恐れがある為注意が必要です。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正しいものは1です。
アレルギー症状を起こした人の場合、特に注意が必要です。

他の選択肢については、以下のとおりです。

2.腸管粘膜に炎症を起こす恐れがあります。
3.適切に使わないと、症状悪化の恐れがあります。
4.眠気に対して、注意が必要です。
5.胃の悪い人の場合、胃酸過多を起こす恐れがあります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

1 正

ケトプロフェンは、非ステロイド成分で、筋肉痛や関節痛などに用いられます。

光線過敏症は、太陽光線にさらされて起こります。

ケトプロフェンの触れた部分だけでなく、全身に広がることもあります。

2 誤

センナは、流産や早産のおそれがあるため、妊娠している人は服用を避ける必要があります。

また、乳児に下痢のおそれがあるため、授乳中の人の服用も避けます。

3 誤

バシトラシンは、細胞壁合成を阻害する抗菌作用があります。

にきびや吹き出物に用いられます。

4 誤

ブロムワレリル尿素は、脳の興奮を抑える作用があります。

大量摂取による急性中毒が多いため、服用には注意が必要です。

5 誤

カフェインは、脳に軽い興奮状態を起こし、眠気や倦怠感を一時的に抑える作用があります。

カフェインの過剰摂取では、ふるえやめまい、頭痛などの脳の過剰反応が起こります。

そのほか、心筋興奮作用があるため、心臓病の人は服用を避けます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。