過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26968問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。


a  一般用医薬品は、通常、その使用を中断することによる不利益よりも、重大な副作用を回避することが優先される。

b  複数の疾病を有する人の場合、ある疾病のために使用された医薬品の作用が、その疾病に対して薬効をもたらす一方、別の疾病に対しては症状を悪化させたり、治療が妨げられたりすることもある。

c  医薬品の副作用は、薬理作用によるものと、アレルギー(過敏反応)によるものに大別される。
   1 .
(a)正   (b)正   (c)正
   2 .
(a)正   (b)正   (c)誤
   3 .
(a)正   (b)誤   (c)正
   4 .
(a)誤   (b)正   (c)正
   5 .
(a)誤   (b)誤   (c)誤
( 登録販売者試験 平成28年度 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
正しい組み合わせは1です。

a.~c.についての補足は以下のとおりです。

a.→もともと一般用医薬品は軽度の疾病に伴う症状の改善を図ることを目的としており、一般の生活者が自分自身の判断により、服用するものです。そのことから考えると、使用を中断することは大きなダメージになると考えにくいです。

b.→例として頭痛薬が挙げられます。普通の人であれば、痛み止めとしてプラスに作用しますが、持病でぜんそくがある場合、頭痛薬を服用することでアスピリン喘息となり、症状が増強されることがあります。

c.→アレルギーはあらゆる物質で起こります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
医薬品の副作用についてはどれも問題文の通りになっております。
・副作用は死に至ることもあるので、無理して継続しないように注意することが大切です。
・薬は症状に合わせて作られている分、それぞれの薬がそれぞれの症状に合う合わないがあります。
なので、複数の疾病を有する人は必ず薬剤師や登録販売者等に相談してから使用するようにしてください。
・医薬品の副作用は2種類あるので、忘れないようにししてください。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。