過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26975問」を出題

問題

[ 設定等 ]
妊婦又は妊娠していると思われる女性及び母乳を与える女性(授乳婦)への医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。


a  ビタミンA含有製剤は、妊娠前後の一定期間に通常の用量を超えて摂取すると胎児に先天異常を起こす危険性が高まるとされている。

b  医薬品の種類によっては、授乳婦が使用した医薬品の成分の一部が乳汁中に移行することが知られている。

c  便秘薬は、配合成分やその用量によっては、流産や早産を誘発するおそれがあるため、妊婦又は妊娠していると思われる女性は、十分注意して適正に使用するか、又は使用そのものを避ける必要がある。
   1 .
(a)正   (b)正   (c)正
   2 .
(a)正   (b)正   (c)誤
   3 .
(a)誤   (b)正   (c)正
   4 .
(a)誤   (b)誤   (c)正
   5 .
(a)誤   (b)誤   (c)誤
( 登録販売者試験 平成28年度 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
妊娠又は妊娠していると思われる女性及び母乳を与える女性(授乳婦)への医薬品の使用に関しては全文、文の通りとなっているので、1が正解です。

・ビタミンAは食品にも含まれていて、気付かないうちに妊娠していない人や男性でも一定量を超えて摂取してしまうと、不調が表れる場合があるので注意が必要です。
・授乳前まで気にせず定期的に飲んでいた薬や、一般用医薬品でも乳汁中に移行してしまう可能性があるモノが多いので、服用する際は必ず医師や薬剤師等に確認してから、服用することが大切です。
・妊娠中は食事の管理や運動不足で便秘になってしまう人も多いのですが、便秘薬には流産や早産を誘発するおそれがあるため、適度な運動や妊娠に影響がない食品等で便秘を改善させることをオススメしてください。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正しい組み合わせは1です。

補足については以下のとおりです。

a.妊娠3か月前から妊娠3か月までの間に、栄養補助剤から1日1万国際単位以上のビタミンAを継続的に摂取した女性からうまれてた子供に先天異常の発生率が高かったという研究報告があるそうです。

b.例えば、胃腸薬などに使われるロートエキスが配合されているものには、授乳中は使用しないか、授乳を避けることの注意があります。これは、乳児に頻脈をおこすおそれがあるからです。bが正しい文であるがゆえに、このような注意書きが存在するのです。

c.設問のとおりです。実際に市販薬に注意書きがあります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解:1(正 正 正)

a ビタミンAは一日に4000国際単位を摂取することが上限とされていて、妊婦が過剰に摂取(一日に10000国際単位)すると胎児に悪影響が及ぶことが報告されています。

b 代表的な抗ヒスタミン薬であるジフェンヒドラミン塩酸塩(睡眠改善薬)、代表的な便秘薬であるセンノシドなどがこれに相当します。

c センノシドは、大腸刺激成分として知られています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。