過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28950問」を出題

問題

[ 設定等 ]
全身的に現れる医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。


a  ショック( アナフィラキシー )は、顔の紅潮、皮膚の痒み、蕁麻疹等の症状が現れるが、チアノーゼに至ることはない。

b  中毒性表皮壊死融解症は、高熱を伴って広範囲の皮膚に発赤が生じ、火傷様の水疱や口唇の発赤等の症状を伴う病態で、ライエル症候群とも呼ばれる。

c  皮膚粘膜眼症候群( スティーブンス・ジョンソン症候群 )は、原因医薬品の使用開始後、1ヶ月以上経ってから起こることもある。

d  偽アルドステロン症は、副腎皮質からのアルドステロン分泌が増加していないにも関わらず発症する。
   1 .
a 正   b 正   c 誤   d 誤
   2 .
a 正   b 誤   c 正   d 誤
   3 .
a 誤   b 正   c 正   d 正
   4 .
a 正   b 誤   c 誤   d 正
   5 .
a 誤   b 正   c 誤   d 正
( 登録販売者試験 平成27年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
28
評価しない
全身的に現れる医薬品の副作用に関する問題

aー誤:ショック( アナフィラキシー )は、適切な対応に遅れるとチアノーゼ・呼吸困難などを引き起こすおそれがあります。

bー正:中毒性表皮壊死融解症の発生頻度は人口100万人あたり年間0.4~1.2人とされています。皮膚粘膜眼症候群と同じく、発症機序の詳細は明らかになっていません。

cー正:皮膚粘膜眼症候群や中毒性表皮壊死融解症は、原因とされる医薬品の使用から2週間以内に発症することが多いですが、1ヶ月以上になってから発症するケースもあります。

dー正:偽アルドステロン症はカンゾウ(甘草)の摂取過多がひとつの原因になっています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
a.誤りです。アナフィラキシーショックは、チアノーゼや呼吸困難を生じ致命的な転帰をたどるおそれがあります。
b.正しい文章です。
c.正しい文章です。スティーブンス・ジョンソン症候群、ライエル症候群ともに原因と考えられる医薬品の服用後、1ヶ月以上たってから起こることがあります。
d.正しい文章です。偽アルドステロン症は体内に塩分と水が貯留し、体からカリウムが失われたことに伴う症状で、副腎皮質からのアルドステロン分泌が増えていないにも関わらず生じるのがポイントです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。