過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28974問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品等適正広告基準に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。


a  承認されている効能効果のうち、一つの効能効果のみを抽出した広告を行うことは適正である。

b  漢方処方製剤の効能効果について、構成生薬の作用を個別に挙げて説明することは不適当である。

c  一般用医薬品と同じ有効成分を含有する医療用医薬品の効能効果をそのまま標榜ぼうすることは不適正である。

d  医薬品の使用前・使用後を示した写真を掲載することは、効能効果等の保証表現となるため、不適当である。
   1 .
a 正   b 誤   c 正   d 誤
   2 .
a 正   b 誤   c 正   d 正
   3 .
a 正   b 正   c 誤   d 誤
   4 .
a 誤   b 正   c 正   d 正
   5 .
a 誤   b 正   c 誤   d 正
( 登録販売者試験 平成27年度 薬事に関する法規と制度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
a.誤りです。承認されている効能効果のうち、 一部のみを抽出した広告を行うことは、不適切な広告の1つです。
b.正しい文章です。漢方処方製剤の効能効果は配合されている個々の生薬成分の作用と直接関連しないため、構成生薬の作用を挙げて説明してはいけません。
c.正しい文章です。一般用医薬品と同じ有効成分を含有する医療用医薬品の効能効果をそのまま標榜することも承認されている内容を正確に反映した広告といえません。
d.正しい文章です。ビフォーアフターは事実でも広告として載せてはいけません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
解答:4

a.誤
承認されている効能効果のうち、一つの効能効果のみを抽出すると、虚偽または誇大広告となるおそれがあります。

b.正
漢方製剤の効能効果は、個々の生薬の相互作用によるものであるため、構成生薬の作用を個別に挙げて説明することは不適当です。

c.正
一般用医薬品と医療用医薬品とでは、有効成分が一緒でも含有量が違うことなどもあるため、効能効果をそのまま標榜することは不適正です。

d.正
医薬品の安全性や有効性が確実であるかのような誤解を生む表現は認められていません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。