登録販売者試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

セルフメディケーションについて

昨今、健康保険の医療費費用の増加に伴い、セルフメディケーションが推奨されるようになりました。一般用医薬品を販売する上での、登録販売者としての接客で注意すべき点をまとめました。

確定申告について

2017年1月よりドラッグストアなどで購入する一般用医薬品について、確定申告による医療費控除が特例として認められるようになりました。

全ての医薬品ではありませんが、申告にはレシートが必要になります。

該当商品の販売の際にはお客様にレシートの保管をお知らせするのが親切です。

お客様への接客

お客様の接客で注意するべき点としては、『 セルフメディケーションで対応可能な症状かどうか 』の見極めです。

などを会話から引き出し、販売します。

上記の場合には、基本的に販売は見合わせることになります。

症状での見極め

セルフメディケーションでの治療に適しているのは、原因がはっきりしていて一過性の症状である場合です。

などの、原因がはっきりしていて一過性の症状である場合です。

販売の際、数日中に症状が良くならない場合には医師の受診をおすすめするようにしましょう。

登録販売者 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。