過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 必須問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

抗ウイルス活性を示すサイトカインはどれか。1つ選べ。

 1 . 
インターフェロンα(IFN-α)
 2 . 
インターロイキン2(IL-2)
 3 . 
エリスロポエチン(EPO)
 4 . 
腫瘍壊死因子α(TNF-α)
 5 . 
顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

選択肢1:○
免疫系の調節などを司るサイトカインの一種です。
抗ウィルス活性をもちます。

選択肢2:×
T細胞やB細胞などを活性化するサイトカインの一種です。
ウィルス活性はもちません。

選択肢3:×
赤血球の産生を促進するホルモンです。
ウィルス活性は不明です。

選択肢4:×
ガンに対して出血性壊死を生じさせるサイトカインです。
ウィルス活性は不明です。

選択肢5:×
顆粒球産出を促進するサイトカインです。
ウィルス活性は不明です。

2015/11/06 12:00
ID : bvzqzwhdqj
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。