薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16472問 出題

問題

抗ウイルス活性を示すサイトカインはどれか。1つ選べ。
 1 . 
インターフェロンα(IFN-α)
 2 . 
インターロイキン2(IL-2)
 3 . 
エリスロポエチン(EPO)
 4 . 
腫瘍壊死因子α(TNF-α)
 5 . 
顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解:1

1 インターフェロンは、免疫系や炎症の調節を行うサイトカインの一種で、抗ウイルス活性をもちます。

2 インターロイキンは白血球により分泌され、B細胞やT細胞を活性化するサイトカインの一種です。

3 エリスロポエチンは赤血球の産生を促進する造血因子の一つで、腎臓で作られます。

4 腫瘍壊死因子αは、その名の通り腫瘍細胞を壊死させる働きのあるサイトカインです。

5 顆粒球コロニー刺激因子は、顆粒球産出の促進や好中球の機能を高めるサイトカインの一種です。
評価後のアイコン
2017/05/18 20:09
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
選択肢1:○
免疫系の調節などを司るサイトカインの一種です。
抗ウィルス活性をもちます。

選択肢2:×
T細胞やB細胞などを活性化するサイトカインの一種です。
ウィルス活性はもちません。

選択肢3:×
赤血球の産生を促進するホルモンです。
ウィルス活性は不明です。

選択肢4:×
ガンに対して出血性壊死を生じさせるサイトカインです。
ウィルス活性は不明です。

選択肢5:×
顆粒球産出を促進するサイトカインです。
ウィルス活性は不明です。
評価後のアイコン
2015/11/06 12:00
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。