過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 必須問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ペロスピロンが統合失調症の陽性症状を改善する機序はどれか。1つ選べ。

 1 . 
アドレナリンα2受容体刺激
 2 . 
セロトニン5-HT2受容体遮断
 3 . 
セロトニン5-HT4受容体刺激
 4 . 
ドパミンD1受容体遮断
 5 . 
ドパミンD2受容体遮断
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

ペロスピロンはセロトニン・ドーパミン拮抗薬(SDA)に分類される抗精神病薬です。

作用機序として、ドパミンD2受容体及び、セロトニン5-HT2受容体拮抗作用があります。

抗精神病薬には様々な種類の薬がありますが、どの薬であっても、統合失調症の陽性症状の改善には主にドパミンD2受容体の遮断作用が関連しています。
(パーシャルアゴニストのアリピプラゾールも、過剰なD2受容体刺激を遮断する、といった意味では同様です)

よって回答は5となります

2014/11/19 13:10
ID : sbsbrdfeu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。