過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 必須問題    薬剤師 過去問 | 無料の過去問題

問題

ペロスピロンが統合失調症の陽性症状を改善する機序はどれか。1つ選べ。

 1 . 
アドレナリンα2受容体刺激
 2 . 
セロトニン5-HT2受容体遮断
 3 . 
セロトニン5-HT4受容体刺激
 4 . 
ドパミンD1受容体遮断
 5 . 
ドパミンD2受容体遮断
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:5

統合失調症の原因はいくつか考えられていますが、そのうちの一つにドパミンの分泌過剰が関係するドパミン仮説というものがあります。

ペロスピペロンは、ドパミンD2受容体及びセロトニン5-HT2受容体拮抗作用により統合失調症の治療に有効であるとされています。

2017/05/18 23:05
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

ペロスピロンはセロトニン・ドーパミン拮抗薬(SDA)に分類される抗精神病薬です。

作用機序として、ドパミンD2受容体及び、セロトニン5-HT2受容体拮抗作用があります。

抗精神病薬には様々な種類の薬がありますが、どの薬であっても、統合失調症の陽性症状の改善には主にドパミンD2受容体の遮断作用が関連しています。
(パーシャルアゴニストのアリピプラゾールも、過剰なD2受容体刺激を遮断する、といった意味では同様です)

よって回答は5となります

2014/11/19 13:10
ID : sbsbrdfeu
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。