薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16500問 出題

問題

遺伝子多型により、イソニアジドの体内動態に大きく影響を及ぼす代謝酵素はどれか。1つ選べ。
 1 . 
CYP1A2
 2 . 
CYP2C19
 3 . 
CYP2D6
 4 . 
UGT1A1
 5 . 
NAT2

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
イソニアジドは主にNAT2(N-アセチル転移酵素)によりアセチル化代謝され、体外に排出されます。
このNAT2には遺伝子多型が存在し、NAT2活性が低い人(slow acetylator:SA)は、イソニアジドが通常の経路で代謝されず、肝毒性をもつヒドララジンになります。その為、SAの方では肝障害の発現率が高い為、注意が必要です。
評価後のアイコン
2014/11/29 09:44
ID : sbsbrdfeu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:5

イソニアジドは抗結核薬であり、肝臓でアセチル化されて代謝されます。この時NAT2が代謝酵素として働きます。

患者によりNAT2による代謝速度に差があり、これが体内動態に大きく影響を及ぼすことが知られています。
評価後のアイコン
2017/05/19 21:02
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。