薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16507問 出題

問題

製剤総則において、粒状に造粒した経口投与する製剤と規定されているのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
発泡錠
 2 . 
散剤
 3 . 
顆粒剤
 4 . 
分散錠
 5 . 
懸濁剤

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
選択肢1:×
水に入れると発泡する錠剤です。

選択肢2:×
粉末状の製剤です。

選択肢3:○

選択肢4:×
水に入れると分散する錠剤です。

選択肢5:×
薬の成分を微細均質にした液体の製剤です。
評価後のアイコン
2015/11/26 11:21
ID : bvzqzwhdqj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解:3

1 発泡錠は服用すると発砲しながら溶解する錠剤のことです。

2 散剤は医薬品を粉末又は微粒状に製した製剤のことです。

3 顆粒剤は医薬品を粒状に製した製剤のことです。

4 分散錠は水に溶解させ服用する錠剤のことです。

5 懸濁剤は有効成分を懸濁させた経口液剤です。
評価後のアイコン
2017/05/19 22:12
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。