薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16516問 出題

問題

心不全の患者に使用が禁忌である薬物はどれか。1つ選べ。
 1 . 
ボグリボース
 2 . 
グリベンクラミド
 3 . 
ナテグリニド
 4 . 
ピオグリタゾン塩酸塩
 5 . 
グリメピリド

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
正解【4】

ピオグリタゾン塩酸塩はチアゾリジン誘導体でインスリン抵抗性を改善します。
チアゾリジンは、腎臓の近位尿細管でナトリウムを再吸収させる機能があり、亢進することで浮腫が起きます。体内のナトリウムと水がアンバランスになり体液貯留が起こることで心臓に負担をかけ心不全のリスクを高めることになります。
評価後のアイコン
2015/01/11 10:03
ID : zgrptkxfgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解【4】

ピオグリタゾン(チアゾリジン系)はインスリン抵抗性改善剤で、2型糖尿病に適応があります。
循環血流量が増加するため心臓に負担がかかりますので禁忌となっています。
評価後のアイコン
2016/09/01 23:02
ID : ukamahrst
評価する
0
評価しない
正解:4

ピオグリタゾンはインスリン抵抗性改善薬です。副作用として、水分貯留を示す傾向があります。そのため、心不全の患者や、心不全の既往歴のある患者には禁忌です。
評価後のアイコン
2017/08/01 22:56
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。