薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16539問 出題

問題

散剤を調剤する場合、賦形剤として乳糖水和物が適さないのはどれか。
 1 . 
ジゴキシン
 2 . 
アミノフィリン水和物
 3 . 
ヨウ化カリウム
 4 . 
プレドニゾロン
 5 . 
フェノバルビタール

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
正解:2

アミノフィリンは乳糖水和物で賦形すると着色してしまうので適していません。賦形する際はデンプンを用います。
評価後のアイコン
2017/08/10 00:30
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【2】

ネオフィリン原末(成分名アミノフィリン)のインタビューフォームに、「本剤は、他剤との配合により変化を起こしやすい(変色、湿潤など)ので、配合しないことが望ましい。特に乳糖とは変色(黄変)を起こす。」と記載されています。
評価後のアイコン
2016/09/03 01:12
ID : ukamahrst
評価する
0
評価しない
正解【2】
アミノフィリン水和物は、乳糖と混合すると含量低下により、配合変化が起こり変色します。よって、アミノフィリン水和物を賦形剤として使用する場合には、でんぷんを使用します。
評価後のアイコン
2015/01/21 21:27
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。