過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 必須問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

経口投与する上で、患者の腎機能を考慮する必要性が最も高いのはどれか。

 1 . 
ピルシカイニド塩酸塩水和物カプセル
 2 . 
ラベプラゾールナトリウム錠
 3 . 
バルプロ酸ナトリウム錠
 4 . 
プロプラノロール塩酸塩錠
 5 . 
ニフェジピンカプセル
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【1】

1.ピルシカイニドは不整脈治療剤です。腎臓からの排泄により体内から消失する薬剤ですので、腎機能が低下している患者には投与量を減量するか投与間隔をあけて使用します。

2.ラベプラゾールはプロトンポンプ阻害剤です。肝臓で代謝されるので、肝障害のある患者には慎重投与です。

3.バルプロ酸は抗てんかん剤、躁病・躁状態治療剤、片頭痛治療剤です。大半が肝臓で代謝されるため、重篤な肝障害のある患者には禁忌です。

4.プロプラノロールは高血圧・狭心症・不整脈・片頭痛治療剤です。主に肝臓で代謝されます。

5.ニフェジピンは高血圧・狭心症治療剤です。主に肝臓で代謝されます。

2016/09/03 12:50
ID : ukamahrst
0

正解【1】

ピルシカイニド塩酸塩水和物カプセルは、腎臓機能がある患者は、薬剤が腎臓から排出されるために血中濃度が高くなるので、慎重に投与をしなければならないと注意されています。また高齢者も腎機能の低下しているため注意が必要です。

2015/01/17 20:15
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。