薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16547問 出題

問題

経口投与する上で、患者の腎機能を考慮する必要性が最も高いのはどれか。
 1 . 
ピルシカイニド塩酸塩水和物カプセル
 2 . 
ラベプラゾールナトリウム錠
 3 . 
バルプロ酸ナトリウム錠
 4 . 
プロプラノロール塩酸塩錠
 5 . 
ニフェジピンカプセル

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解【1】

1.ピルシカイニドは不整脈治療剤です。腎臓からの排泄により体内から消失する薬剤ですので、腎機能が低下している患者には投与量を減量するか投与間隔をあけて使用します。

2.ラベプラゾールはプロトンポンプ阻害剤です。肝臓で代謝されるので、肝障害のある患者には慎重投与です。

3.バルプロ酸は抗てんかん剤、躁病・躁状態治療剤、片頭痛治療剤です。大半が肝臓で代謝されるため、重篤な肝障害のある患者には禁忌です。

4.プロプラノロールは高血圧・狭心症・不整脈・片頭痛治療剤です。主に肝臓で代謝されます。

5.ニフェジピンは高血圧・狭心症治療剤です。主に肝臓で代謝されます。
評価後のアイコン
2016/09/03 12:50
ID : ukamahrst
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解【1】

ピルシカイニド塩酸塩水和物カプセルは、腎臓機能がある患者は、薬剤が腎臓から排出されるために血中濃度が高くなるので、慎重に投与をしなければならないと注意されています。また高齢者も腎機能の低下しているため注意が必要です。
評価後のアイコン
2015/01/17 20:15
ID : zgrptkxfgo
評価する
0
評価しない
正解:1

ピルシカイニド塩酸塩水和物カプセルは腎排泄型の薬物です。そのため、腎機能の低下している患者に投与する場合は慎重に投与する必要があります。

他の選択肢の薬物はすべて肝代謝型です。
評価後のアイコン
2017/08/10 00:54
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。