過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(物理・化学・生物、衛生、法規・制度・倫理)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

薬剤師免許(以下「免許」という。)に対する処分等に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
免許の処分に当たっては、薬事・食品衛生審議会の意見を聴かなければならない。
 2 . 
薬剤師が成年被後見人となったときは、免許が取り消される。
 3 . 
戒告は最も軽い処分であるため、再教育研修の対象とはならない。
 4 . 
薬剤師業務の停止期間は3年以内である。
 5 . 
免許を取り消された者が再び免許を取得しようとする場合は、改めて国家試験を受けて合格しなければならない。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【2・4】

1.薬剤師法第8条の5項には「厚生労働大臣は、規定する処分をするに当たつては、あらかじめ、医道審議会の意見を聴かなければならない」とされています。よって、薬事・食品衛生審議会ではありません。

2.正しい記述です。薬剤師法第8条免許の取り消し等に規定されています。

3.戒告は再教育研修の対象になります。薬剤師法第8条の2の再教育研修に規定されています。

4.正しい記述です。

5.国家試験の合格は、一生有効です。免許を取り消されたといって改めて国家試験を受ける必要はありません。

2015/02/21 22:26
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。