過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(薬理、薬剤、病態・薬物治療)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

糖尿病治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
ミグリトールは、α-グルコシダーゼ阻害作用とα-アミラーゼ阻害作用により食後高血糖を抑制する。
 2 . 
グリベンクラミドは、血糖依存的にインスリン分泌を促進する。
 3 . 
ピオグリタゾンは、アディポネクチンの産生を高め、インスリン抵抗性を改善する。
 4 . 
メトホルミンは、AMP依存性プロテインキナーゼを抑制することにより、肝臓での糖新生を抑制する。
 5 . 
ミチグリニドは、スルホニル尿素(SU)構造を持たないが、膵β細胞のSU受容体に結合する。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【3・5】

1.ミグリトールは、α-グルコシダーゼを阻害する作用により、血糖値の上昇を防ぎ、糖による毒性を防ぎます。

2.グリベンクラミドは、SU薬で、膵臓のβ細胞を刺激してインスリンの分泌を促進します。

3.正しい記述です。

4.メトホルミンは、AMP 依存性プロテインキナーゼ系をを活性させて、肝臓での糖新生を抑制します。

5.正しい記述です。

2015/03/13 20:51
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。