薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16667問 出題

問題

40歳女性。身長154cm、体重54kg。
造血幹細胞移植の前治療で注射用シクロホスファミド水和物をシクロホスファミド(無水物換算)として50mg/kg/dayで投与することになった。
なお、点滴静注の場合は、シクロホスファミド(無水物換算)100mgあたり5mLの注射用水を用いて溶解後、1日当たりの必要量(XmL)を量りとり、補液で希釈し用いる。

シクロホスファミドの調製と投与に関して正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
X=27である。
 2 . 
補液には生理食塩液を用いる。
 3 . 
大量投与する時には、出血性膀胱炎予防のためメスナ(2-メルカプトエタンスルホン酸ナトリウム)を投与する。
 4 . 
治療効果を向上させるため、シクロホスファミド投与終了後24時間は輸液の投与を避ける。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:2.3

1 1日当たりの投与量は
50(mg/kg/day)×54(kg)=2700mg/day
シクロホスファミド100mgあたり5mlの注射用水で溶解しているため
2700:x=100:5
100x=2700×5
x=135
よって必要量(XmL)は135ml/dayとなります。

2 シクロホスファミドは、生理食塩水又は注射用水で溶解します。

3 シクロホスファミドの副作用として、出血性膀胱炎などの泌尿器系障害があります。この副作用を予防するために、メスナを併用します。

4 シクロホスファミドの副作用である出血性膀胱炎のリスクを下げるために、投与終了後24時間は150ml/hr以上の輸液が必要となります。出血性膀胱炎の原因となるシクロホスファミドの代謝物であるアクロレインを速やかに排泄するためです。
評価後のアイコン
2017/07/18 19:54
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
選択肢1:×
50mg/kg/dayなので、体重54kgだと2700mg/dayとなります。
5ml:100mg=xml:2700mg
x=135ml

選択肢2:○

選択肢3:○

選択肢4:×
シクロホスファミド投与終了後24時間は、150ml/h以上の尿量を維持するように、3L/day以上の輸液を投与することになっています。
評価後のアイコン
2015/11/27 11:36
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。