過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務)    薬剤師 過去問 | 無料の過去問題

問題

32歳女性。消化器外来に通院中。数日前からじん麻疹を発症し、抗アレルギー薬が追加処方されることになった。担当医師から薬剤師に対して、「患者がなるべく眠くならない薬剤を希望しているが、推奨できるものは何か」と問い合わせがあった。
薬剤師が推奨すべき抗アレルギー薬として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
シプロヘプタジン塩酸塩水和物
 2 . 
エバスチン
 3 . 
フェキソフェナジン塩酸塩
 4 . 
セチリジン塩酸塩
 5 . 
ホモクロルシクリジン塩酸塩
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:3

抗ヒスタミン薬は脳内に移行し、脳賦活作用を持つヒスタミンを競合的に阻害することにより眠気を生じます。
選択肢の抗ヒスタミン薬のうち、フェキソフェナジンは試験により中枢にほとんど移行しないことが確認されており、添付文書にも眠気についての記載はありません。
よって選択肢3が正解となります。

2017/06/03 10:31
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

現在承認を受けている抗ヒスタミン薬の中で、フェキソフェナジンとロラタジンのみ、添付文書に「眠気を催すため運転を避けること」と記載されていません。
(臨床試験にて、眠気の発現頻度がプラセボと有意差がなかったため)

選択肢の薬剤は全て抗ヒスタミン薬であり、フェキソフェナジンが一番眠気が少ないと考えられます。
よって、解答は3となります。

2014/11/25 23:57
ID : sbsbrdfeu
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。