過去問.com
過去問.com  >   薬剤師 過去問  >   過去問題 一覧  >   薬剤師 過去問 第99回 一覧  >   薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務) 問題16735
問題

薬剤師 過去問
薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務) 問題16735

22歳女性。中等度のアトピー性皮層炎にて受診している。
今回、顔面、頚部、体幹、腕等に炎症を認めたため次の薬剤が処方された。

次の記述のうち、服薬指導として適切なのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
タクロリムス水和物軟膏は皮層萎縮の副作用があるので、顔面に使用しないように指導した。
 2 . 
デキサメタゾン吉草酸エステル軟膏は、炎症が軽くなれば使用を直ちに中止するように指導した。
 3 . 
ヒルドイドローションは、入浴直後に使用すると効果的であると指導した。
 4 . 
アゼラスチン塩酸塩は眠気を誘発するため、車の運転をしないように指導した。
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:3.4

1 タクロリムス水和物軟膏は顔面にも使用することができますが、眼には入らないように注意が必要です。また、粘膜、外陰部への使用は禁止されています。

2 ステロイドは、急に使用を中止すると、リバウンド症状により症状が悪化するおそれがあります。よって徐々に薬の量を減らしていく必要があります。

3 入浴後は皮膚に水分が補われている状態なので、この水分を逃さないために入浴後すぐに塗布すると、より効果的です。

4 アゼラスチン塩酸塩は、第2世代の抗ヒスタミン薬です。代表的な副作用に眠気があるので、車の運転や高所での作業には注意が必要です。

2017/06/05 02:45
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

選択肢1:×
タクロリムス水和物軟膏(プロトピック軟膏)はステロイドではないため、皮膚萎縮という表皮が薄くなる副作用は起こりにくいです。
顔面にも使用できる薬です。

選択肢2:×
ステロイドの軟膏は、患部の状態を見ながら徐々に弱いものへ切り替えていきます。
良くなったと思っても自己判断で中止せず、医師の指示に従いましょう。

選択肢3:○

選択肢4:○

2015/09/28 10:17
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。