薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16788問 出題

問題

成人患者に対する処方のうち、必ず疑義照会が必要なものはどれか。2つ選べ。
 1 . 
アテノロール錠50mg、1回1錠(1日1錠)、1日1回、朝食後、14日分
 2 . 
ミチグリニドカルシウム水和物錠10mg、1回1錠(1日3錠)、1日3回、朝昼夕食直前、14日分
 3 . 
ラニナミビルオクタン酸エステル水和物吸入粉末剤20mg、1回20mg(1日40mg)、1日2回、朝夕食後吸入、全10個
 4 . 
エゼチミブ錠10mg、1回1錠(1日1錠)、1日1回朝食後14日分
 5 . 
レボフロキサシン錠500mg、1回1錠(1日3錠)、1日3回朝昼夕食後14日分

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
正解:3.5

ラニナミビルオクタン酸エステル水和物吸入粉末剤は成人患者に1日40mgを単回投与します。

レボフロキサシン錠は耐性菌の出現抑制のため、500mg錠を1日1回投与します。
評価後のアイコン
2017/08/28 20:11
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
【答え】3,5

【選択肢に対する説明】
 1:誤.疑義照会は必要ではありません。

 2:誤.疑義照会は必要ではありません。

 3:正.成人にはラニナミビルオクタン酸エステル(商品名「イナビル」)として40mgを単回吸入投与します。

 4:誤.疑義照会は必要ではありません。

 5:正.1回500mg1日1回経口投与は、1回100mg1日3回経口投与に比べ耐性菌の出現を抑制することが期待できるため、1回500mgを1日1回経口投与します。
評価後のアイコン
2016/09/30 08:16
ID : stygaxnzvy
評価する
0
評価しない
3:ラニナミビル(イナビル)はノイラミニダーゼ阻害薬でA,B型インフルエンザの治療に用います。
用法用量は成人の場合、40mgを単回吸入投与します。
よって疑義照会を行う必要があります。

5:レボフロキサシン錠(クラビット錠)はニューキノロン系抗菌薬です。
用法用量は成人の場合、500mg錠を1日1回経口投与します。
1日3回投与するのは100mg錠の場合なので、用法を間違えている可能性があり疑義照会を行う必要があります。
評価後のアイコン
2015/02/12 16:37
ID : tbmoorvfu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。