薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16791問 出題

問題

下記の処方薬と併用すると、薬物相互作用により吸収が低下するのはどれか。2つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
ゲフィチニブ錠
 2 . 
シンバスタチン錠
 3 . 
イトラコナゾール錠
 4 . 
レボチロキシンナトリウム錠
 5 . 
ノルフロキサシン錠

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
1:正解です。
ゲフィチニブ(商品名イレッサ)は上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害薬で、胃酸によって吸収が促進される薬剤であることよりH2ブロッカーのニザチジンと併用すると吸収が低下してしまいます。
またゲフィチニブの用法としては無酸症を避けるため食後投与が望ましいです。

2:誤りです。シンバスタチンはHMG-CoA還元酵素阻害薬です。

3:正解です。
イトラコナゾールはアゾール系抗真菌薬で、水にほとんど溶解せず、胃酸で可溶性の塩酸塩に変換されることで吸収されます。
よってニザチジンと併用すると溶解が低下し吸収が低下します。

4:誤りです。レボチロキシンナトリウムは甲状腺機能低下症に用いられる、甲状腺T4ホルモン製剤です。

5:誤りです。ノルフロキサシンはニューキノロン系抗菌薬で、金属イオン含む制酸薬と併用するとキレートを形成し吸収阻害が生じます。
評価後のアイコン
2015/04/14 16:31
ID : tbmoorvfu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:1.3

ニザチジンはH2受容体遮断薬であり、胃酸の分泌を抑制します。
ゲフィチニブとイトラコナゾールの溶解は胃酸のpHに依存しているため、併用により溶解性が低下します。

評価後のアイコン
2017/08/28 20:19
ID : vycbkjhj
評価する
-1
評価しない
【答え】1,3

【解説】
 ・ニザチジンはH2ブロッカーで、胃酸分泌抑制薬です。

 ・胃酸分泌抑制薬は、薬剤の溶解性がpHに依存する薬剤と相互作用します。

 ・具体的には、ゲフィチニブ(EFGRチロシンキナーゼ阻害薬)、アタザナビル(抗HIV薬)、イトラコナゾール(抗真菌薬)、プルリフロキサシン(抗菌薬)で、これら薬剤の吸収が低下します。

 ・ニザチジンの相互作用については、胃酸分泌抑制によるもののみです。

【選択肢に対する説明】
 1:正.相互作用により薬剤の吸収が低下します。

 2:誤.相互作用しません。

 3:正.相互作用により薬剤の吸収が低下します。

 4:誤.相互作用しません。

 5:誤.相互作用しません。
評価後のアイコン
2016/09/30 08:18
ID : stygaxnzvy
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。