過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28086問」を出題

問題

「身体拘束ゼロへの手引き」(2001年(平成13年)厚生労働省)の身体拘束の内容に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
自分で降りられないように、ベッドの四方を柵で囲むことは、禁止行為とされている。
 2 . 
切迫性と非代替性と永続性の3つの要件を満たせば、身体拘束は認められる。
 3 . 
本人の同意なく、やむを得ずおむつを着用させることは、禁止行為とされている。
 4 . 
事前に利用者や家族に説明があれば、実際に身体拘束を行うときの説明手続きは省略できる。
 5 . 
やむを得ず身体拘束をした場合は、そのたびに保険者に報告する義務がある。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 介護の基本 )

この過去問の解説(4件)

評価する
13
評価しない
正解は1です。

厚生労働省の「身体拘束ゼロへの手引き」の中で身体拘束の具体例として「自分で降りられないように、ベッドを柵で囲む」行為が記載されています。

2.永続性ではなく一時性です。

3.緊急やむを得ず、それらの要件の確認等の手続きが極めて慎重に実施されている場合には、本人の同意は必要ありません。

4.事前に説明があっても実際に拘束を行なう時点で個別に説明を行なう必要があります。

5.記録の義務はありますが、保険者への報告義務はありません。
評価後のアイコン
2017/12/18 21:36
ID : ppswxtvfob
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は1です。

身体拘束禁止の対象となる具体的行為について
・徘徊しないように、車いすやいす、ベッドに体幹や四肢をひも等で縛る。
・転落しないように、ベッドに体幹や四肢をひも等で縛る。
・自分で降りられないように、ベッドを柵(サイドレール)で囲む。
などがあります。
評価後のアイコン
2018/02/02 10:53
ID : sejbeemty
評価する
4
評価しない
正解は「1」です。
厚生労働省からの「身体拘束ゼロへの手引き」に「自分で降りられないように、ベッド柵で囲む。」と記載されています。

不正解とその解説
「2」・・・永続性ではなく一時性です。

「3」・・・緊急やむを得ない場合で、手続きなどが実施されていれば本人の同意は必要ありません。

「4」・・・事前に説明がある場合でも、行う時は必ず説明が必要です。

「5」・・・そのたびに保険者に報告する義務はありませんが、本人、家族には説明や同意が必要です。


評価後のアイコン
2018/01/21 18:21
ID : dqdxemra
評価する
4
評価しない
正解は1です。
身体拘束は緊急のときに限り、切迫性・非代替性・一時性の三つの要件を満たせば行うことができます。
ただし、本人や家族には十分な説明と理解が必要です。
評価後のアイコン
2017/12/14 14:57
ID : efcurmjfq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。