過去問.com

ケアマネジャー試験 平成25年度(第16回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

2011(平成23)年の介護保険制度の改正について正しいものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
予防給付を廃止し、地域支援事業に移行した。
 2 . 
事業者の指定更新制を導入した。
 3 . 
複合型サービスを創設した。
 4 . 
施設サービスの一環として、定期巡回・随時対応型訪問介護看護を創設した。
 5 . 
地域支援事業として、介護予防・日常生活支援総合事業を創設した。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
29

正解は 3、5 です。

1 予防給付は廃止されていません。

2 事業者の指定更新制は、2005(平成17年)の法改正において導入されました。

4 定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、施設サービスの一環ではなく、地域密着型サービスのひとつとして創設されました。

2015/05/10 08:49
ID : hunwafrb
11

1 予防給付は平成23年の法改正では廃止されていません。

2 事業者の指定更新制は平成17年の法改正から導入されました。
6年ごとに指定の更新をしなければなりません。

4 定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、地域密着型サービスとして創設されました。

2015/05/30 00:34
ID : ysaqtrmkds
7

1.予防給付は要支援の利用者に対して行なわれる給付であり、現在も給付されています。

2.2008年の改正ですでに導入されています。6年ごとに事業者の指定更新が行なわれます。

3.設問の通りです。

4.定期巡回・随時対応型訪問介護看護は地域密着型サービスになります。施設サービスではありません。

5.設問の通りです。

2016/05/31 15:51
ID : anaohrzq
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。