過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第23771問」を出題

問題

[ 設定等 ]
動植物油の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
   1 .
引火点は150~200℃である。
   2 .
比重は1より小さい。
   3 .
布などに染み込んだものは、酸化、発熱し自然発火するものがある。
   4 .
水に溶けない。
   5 .
純粋な物は無色透明である。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問180 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
25
評価しない
引火点は250℃未満です。

ナタネ油・アマニ油など・・・動植物油
・水に溶けない。
・液比重が0.9程度で、水より軽い。
・一般に不飽和脂肪酸を含む。
・可燃性で、布などに染み込んだものは、酸化、発熱し自然発火するものがある。
・蒸発しにくく引火しにくい。いったん火災になった場合、重油同様、液温が非常に高いため消火困難になる。

(火災予防・貯蔵取扱いの注意)
・火気を近づけない。
・冷暗所に貯蔵する。

(消火の方法)
・消火剤:ハロゲン化物、二酸化炭素、粉末、泡
・消火効果:窒息消火
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
動植物の引火点は250℃未満です。
評価後のアイコン
評価する
12
評価しない
正解は 1 です。

動植物油の引火点は1気圧において250℃未満です。動植物油とは、動物の脂肉や植物の種子・果肉から抽出したものであり、1気圧における引火点が250℃未満のものです。

1:誤り
動植物油の引火点は1気圧において250℃未満です。動植物油の引火点は「150~200℃」ではありません。

2:正しい
動植物油の比重は1より小さい(水より軽い)です。動植物油の比重は0.9です。

3:正しい
動植物油が布などに染み込んだものは、酸化、発熱して自然発火するものがあります。

4:正しい
動植物油は水に溶けません。

5:正しい
純粋な動植物油は無色透明です。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
正解は1番です。

1番:誤り
動植物油は動植物油類に分類され、1気圧において、引火点が250℃未満のものを指します。よって、記述は誤りとなります。

2番:正しい
比重は0.9程度であり、比重が1の水よりも軽いです。

3番:正しい
動植物油のうち、アマニ油や、キリ油などの乾性油と呼ばれるものは、しみ込んだ布が風通しの悪いところで積み重ねられていると、空気中の酸素で酸化され、こもった酸化熱で自然発火する可能性があります。この乾性油は不飽和度が高く、指標としてヨウ素価が用いられます。これは油脂100gに吸収されるヨウ素のグラム数であり、130以上が乾性油とされます。

4番:正しい
動植物油は水には溶けないため、正しい記述となります。

5番:正しい
純粋な動植物油は無色透明のため、正しい記述となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。