過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第30827問」を出題

問題

[ 設定等 ]
皮膚と皮膚付属器官の保健に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
成人は、加齢とともに皮膚の分泌作用や新陳代謝が低下する。
   2 .
高齢期になると脂腺の働きが盛んになり、皮脂の分泌が増加する。
   3 .
脂性のフケ症のひとは、よくシャンプーして汚れやフケを落とすことが大切である。
   4 .
脂腺から分泌される皮脂は、毛の水分が失われることを防ぎ、光沢としなやかさを保っている。
( 第35回 理容師国家試験 皮膚科学 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない

正解は2です。


1.設問の通り、成人は20~25歳をピークに、加齢とともに皮膚の分泌作用や新陳代謝が低下します。

2.高齢期になると脂腺の働きは衰え、皮脂の分泌が減少するので間違いです。
脂腺の働きは思春期に増大し、20代にピークを迎えます。

3.設問の通り、油性のフケ症の人は、よくシャンプーして汚れやフケを落とすことが大切です。
乾燥性のフケは小さく、油性のフケは大きいという特徴があります。

4.設問の通り、脂腺から分泌される皮脂は、毛の水分が失われることを防ぎ、光沢としなやかさを保っています。
皮脂を過剰に取り除くと、肌荒れや枝毛、切れ毛の原因となります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は2です。

1 . 成人は、加齢とともに皮膚の分泌作用や新陳代謝が低下します。

2 . 脂腺の発育は男性ホルモンの刺激によるものなので、思春期になると盛んになり、高齢になると減少します。

3 . 脂性のフケ症のひとは、よくシャンプーして汚れやフケを落とすことが大切です。

4 . 脂腺から分泌される皮脂は、皮膚と毛の水分が失われることを防ぎ、光沢としなやかさを保っています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。