過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第17971問」を出題

問題

[ 設定等 ]
痔の薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
酸化亜鉛は、粘膜表面に不溶性の膜を形成することにより、粘膜の保護・止血を目的として用いられる。
   2 .
酢酸ヒドロコルチゾンは、痔による肛門部の炎症や痒みを和らげる成分として用いられる。
   3 .
カイカは、シソ科のコガネバナの根を用いた生薬で、主に抗炎症作用を期待して用いられる。
   4 .
アラントインは、血管収縮作用による止血効果を期待して用いられる。
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
44
評価しない
正しいものは1,2です。

誤っているものについては以下のとおりです。

3→「カイカ」ではなく「オウゴン」の説明文です。「カイカ」は、マメ科のエンジュのつぼみを用いた生薬で主に止血作用を期待して用いられます。

4→「アラントイン」は、痔による肛門部の創傷の治癒を促すために用いられます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
23
評価しない
正解:1,2です。


主に抗炎症作用を期待して用いられる、
シソ科コガネバナの根を用いた生薬はオウゴンです。

主に止血効果を期待して用いられる、
マメ科エンジュの花及び蕾を用いた生薬がカイカです。

アライトインは、組織修復を期待して用いられます。
血管収斂作用による止血効果を期待して用いられる成分は、
タンニン酸、酸化亜鉛、硫酸アルミニウムカリウム、
卵黄油などになります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1)正
2)正
3)誤
カイカはマメ科のエンジュの蕾を基原とする生薬です。

4)誤
アドレナリン作動成分の説明文です。
アラントインは、痔による肛門部の創傷の治癒を促す目的があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。