過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28959問」を出題

問題

[ 設定等 ]
要指導医薬品に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。


a  要指導医薬品は、通常、医療機関を受診するほどではない体調の不調や疾病の初期段階に使用されるものである。

b  薬剤師が店舗管理者である店舗販売業においては、登録販売者が要指導医薬品を販売することができる。

c  要指導医薬品の中には、劇薬に該当するものも含まれる。

d  要指導医薬品を一般の人に販売できるのは、店舗販売業と配置販売業のみである。
   1 .
( a、b )
   2 .
( a、c )
   3 .
( b、d )
   4 .
( c、d )
( 登録販売者試験 平成27年度 薬事に関する法規と制度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
27
評価しない
a.正しい文章です。劇薬に指定されていた品目や医療用医薬品から、一般用医薬品となったばかりの品目が要指導医薬品に指定されました。
b.誤りです。登録販売者はいかなる場合でも要指導医薬品は販売できません。要指導医薬品を販売できるのは薬剤師です。
c.正しい文章です。要指導医薬品の中には劇薬、毒薬が含まれますが、今は一般用医薬品で毒薬、劇薬に該当するものはありません。
d.誤りです。要指導医薬品を取り扱いできるのは薬局など対面での販売のみ(インターネットや通販での販売はNG)です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
解答:2

a.正
ダイレクトOTCやスイッチOTCは、一般用医薬品としてのリスクが不明であるため、一定期間は要指導医薬品に指定されます。

b.誤
要指導医薬品は薬剤師による情報提供が義務づけられています。

c.正
毒薬、劇薬に指定されている一般用医薬品は要指導医薬品になります。

d.誤
店舗販売では要指導医薬品と一般用医薬品を販売することができますが、配置販売できるのは、経年変化しにくい一般用医薬品に限られます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。