過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(薬理、薬剤、病態・薬物治療)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

薬物相互作用の回避方法に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
セフジニルは鉄イオンとキレートを形成して溶解性が低下するため、鉄剤の併用が必要な場合には、互いの服用時間を2~3時間ずらす。
 2 . 
セントジョーンズワー卜は、小腸上皮細胞の CYP 3A4 や P - 糖タンパク質の発現を誘導するので、タクロリムス水和物との併用を避ける。
 3 . 
プロベネシドはアンピシリンの腎尿細管分泌を阻害するので、抗生物質を腎排泄型でないものに変更する。
 4 . 
シメチジンは肝 CYP 3A4 を阻害し、トリアゾラムの作用時間の著しい延長を引き起こすので、睡眠導入薬を非代謝型であるブロチゾラムに変更する。
 5 . 
フルルビプロフェンとノルフロキサシンを併用すると痙れんを起こすことがあるので、フルルビプロフェンをアセトアミノフェンに変更する。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【4】
シメチジンとトリアゾラムはCYP 3A4の同じ代謝酵素を持っており、この二つを併用するとトリアゾラムの代謝の作用が阻害され、作用の増強が起きます。
ブロチゾラムも、CYP3A4の代謝酵素です。これをシメチジンと併用すると作用増強、作用時間の延長が起こります。

2015/03/20 22:09
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。