過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

36歳男性。
体重70kg。気管支ぜん息の治療中である。吸入ステロイド薬で良好にコントロールされていたが、急性発作により、夜間救急を受診した。サルブタモール硫酸塩の吸入を反復したが改善せず、アミノフィリン点滴静注の処方が出された。

アミノフィリン点滴静注を行う際の注意事項に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
肝障害のある患者では、血中テオフィリン濃度が上昇しやすい。
 2 . 
喫煙習慣のある患者では、血中テオフィリン濃度が上昇しやすい。
 3 . 
ニューキノロン系抗菌薬を併用している患者では、テオフィリンの中毒症状が現れることがある。
 4 . 
過量投与では、痙れんが発現しやすい。
 5 . 
過量投与の処置としては、輸液による排泄促進が有効である。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

誤っているのは選択肢2です。

喫煙により代謝酵素CYP1A2が誘導され、テオフィリンが代謝されてしまうため、血中テオフィリン濃度が十分に上昇しない可能性があります。

2015/09/28 10:06
ID : bvzqzwhdqj
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。