過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20856問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ダムコンクリートの打込みに関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
モルタルの敷込み厚さは、岩盤表面で2cm、水平打継目で1.5cmを標準とし、モルタルを一度に敷き込む範囲は30分程度でコンクリートを打ち込める範囲とする。
   2 .
水平打継目に生じたレイタンスの除去は、ダムコンクリートが完全に硬化したことを確認してから圧力水や電動ブラシなどで除去する。
   3 .
ダムコンクリートの一般部の打込み方向は、材料分離や降雨などによる打止めを考慮してダム軸に平行な方向に打ち込むものとする。
   4 .
棒状バイブレータ(内部振動機)による有スランプコンクリートの締固めは、棒状バイブレータを鉛直に差込み先端が10cm程度下層コンクリートに入るようにする。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成25年度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
7
評価しない
1、設問の通り。
モルタルの敷込み厚さは、岩盤表面で2cm、水平打継目で1.5cmを標準とし、敷き込む時間が長くなりモルタルの凝固や乾燥をさせないため、モルタルを一度に敷き込む範囲は30分程度でコンクリートを打ち込める範囲としています。

2、誤り。
水平打継目に生じたレイタンスは、コンクリートが完全に硬化する前に、圧力水や電動ブラシなどで除去しなければなりません。このレイタンス除去作業をグリーンカットといいます。

3、設問の通り。
材料分離や降雨などによる打止めがおきた場合は、上下流方向に連続して漏水経路になってしまうため、ダム軸に平行な方向に打ち込むことが望ましいです。

4、設問の通り。
棒状バイブレータ(内部振動機)による有スランプコンクリートの締固めは、上層と下層の一体化を確実にするため、棒状バイブレータを鉛直に差込み先端が10cm程度下層コンクリートに入るようにする必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
〇レイタンス処理処理は、打設後にコンクリートが硬化する前に行います。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。