過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20872問」を出題

問題

[ 設定等 ]
労働基準法上、労働時間に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
使用者は、災害その他避けることのできない事由によって、臨時の必要がある場合、行政官庁に事前に届け出れば、その必要の限度において労働時間を延長できる。
   2 .
使用者は、労働者が労働時間中に、選挙権その他公民としての権利を行使するために必要な時間を請求した場合、権利の行使に妨げがない限り、請求された時刻を変更できる。
   3 .
使用者は、個々の労働者と書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合においては、その協定の定めによって労働時間を延長できる。
   4 .
坑内労働の労働時間は、労働者が坑口に入った時刻から坑口を出た時刻までの中で、休憩時間を除いた時間を労働時間とみなす。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成25年度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
1、誤り。
使用者は、行政官庁に許可を受けて、その必要の限度において労働時間を延長できます。
【事前に届け出れば】は誤りです。

2、正しい。
設問の通りです。

3、誤り。
使用者は、労働者の過半数で組織する労働組合を代表すると書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合においては、その協定の定めによって労働時間を延長できます。
【個々の労働者】は誤りです。

4、誤り。
坑内労働の労働時間は、労働者が坑口に入った時刻から坑口を出た時刻まで休憩時間を含む時間を労働時間とみなします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
〇坑内労働の労働時間は、休憩時間を含め労働時間としてみます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。