過去問.com

第二種電気工事士試験 平成23年度上期  過去問題 | 無料の試験問題

問題

硬質塩化ビニル電線管による合成樹脂管工事として、不適切なものは。

 1 . 
管相互及び管とボックスとの接続で、接着剤を使用したので管の差し込み深さを管の外径の0.5倍とした。
 2 . 
管の直線部分はサドルを使用し、管の1[m]間隔で支持した。
 3 . 
湿気の多い場所に施設した管とボックスとの接続箇所に、防湿装置を施した。
 4 . 
三相200[V]配線で、人が容易に触れるおそれがない場所に施設した管と接続する金属製プルボックスに、D種接地工事を施した。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

答えは「1」となります。

合成樹脂管を接続する場合、接着剤を使うか使わないかによって、差し組む深さが変わってきます。

 接着剤あり → 0.8倍以上
 接着剤なし → 1.2倍以上

2015/07/29 23:18
ID : xvnfwkmc
0

合成樹脂管はカップリングもしくはコネクタでの接続時、接着剤を使用する場合は、管の外径の0.8倍以上差し込まなくてはいけないと定められています。
※接着剤を使用しない場合は管の外径の1.2倍以上となります。

したがって、「1」が正解となります。

2016/06/22 22:26
ID : nmcbwpgvua
0

正解は 1 です。

接着剤を使用した管の差し込み深さは管の外径の0.8倍以上でないといけません。また、接着剤を使用しない場合は1.2倍以上でないといけません。

2015/05/05 23:09
ID : zrgzatnjfg
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。