過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17762問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、「妊産婦のための食生活指針」(「健やか親子21」推進検討会報告書)(平成18年:厚生労働省)に関する記述である。適切な記述を選びなさい。
 1 . 
妊娠期・授乳期は、食事のバランスや活動量に気を配り、食事量を調節しましょう。
 2 . 
赤身の肉や魚などを上手に取り入れて、貧血を防ぎましょう。
 3 . 
妊娠後期にはビタミンAの過剰摂取に気をつけて。
 4 . 
望ましい体重増加量は、妊娠中の体型によっても異なります。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 子どもの食と栄養 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
27
評価しない
3→ビタミンAによって胎児が奇形になってしまうリスクがありますが、それは妊娠初期でみられるものです。後期はさほど心配ありません。

4→妊娠中ではなく、妊娠前の体型によって異なります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
妊産婦においては、身体状況、ライフスタイル、嗜好等を考慮した1日分の摂取量の目安となる量が朝・昼・夕で無理なく摂れるようにしていく必要があります。
貧血の心配があるので、鉄を十分に摂取する必要があります。
ビタミンAは、妊産婦に必要な栄養素であり、授乳期の推奨量は+420mgとなっています。
望ましい体重増加は個人差が大きいので食事量や身体活動の量に配慮しながら画一的な目標を目指すことがないように配慮をしていくことが必要です。

よって、選択肢1.2が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。