過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25059問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文のうち、乳幼児の発達に関して異常の疑いがあり、早めに小児科の専門医を受診する方がよいものの正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  生後3か月児で、首が完全にはすわっていない。
B  生後6か月児で、支えなしにはおすわりできない。
C  生後12 か月児で、何かにつかまって立っていられない。
D  2歳児で、意味のある単語を言えない。
E  5歳児で、名前を呼ばれても返事をしない。
 1 . 
A B D
 2 . 
A B E
 3 . 
A C D
 4 . 
B C E
 5 . 
C D E
( 保育士試験 平成27年(2015年) 子どもの保健 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない

正解 5

A 乳児の首すわりは生後3~4ヶ月頃とされているので、生後3か月で完全に首がすわっていなくても異常とは言えません。

B 乳児のおすわりの時期は生後6~8ヶ月頃とされているので、生後6か月でおすわりが一人で出来なくても異常とは言えません。

C 乳児のつかまり立ちは生後8~10ヶ月頃とされているので、生後12 か月でつかまり立ちができない場合は、小児科の専門医に相談をする方が良いです。

D 2歳は言葉の発達も進み、二語文や多語文も出てくる時期なので、2歳になって意味のある単語を1つも言えない場合は、小児科の専門医に相談をする方が良いです。

E 名前を呼んでも返事をしない等、反応が無い場合は、自閉症などの可能性があるので小児科の専門医に相談をする方が良いです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5です。

A 首がすわり始めるのは生後3ヶ月~4ヶ月頃と言われています。発達には個人差があるので生後3ヶ月で首がすわっていなくても発達に異常があるとは言えません。

B 乳児のおすわりの時期は生後6ヶ月~8ヶ月頃と言われているので心配する必要はありません。

C 乳児のつかまり立ちは生後8~10ヶ月頃と言われています。発達には個人差がありますが、生後12 か月でつかまり立ちができない場合は、かかりつけ医等専門家に相談するのが良いでしょう。

D 2歳児は言葉の発達が進み、二語文など意味のある言葉が盛んに出てくるようになります。この時期に一語分や意味のある単語が出てこない場合、発達について専門家に相談する方が良いでしょう。


E 名前を呼ばれても返事をしないなど子どもに反応が見られない場合、自閉症や聴覚障害が疑われます。専門家に相談するのが良いでしょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。