過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

一人暮らしの高齢者の支援に関する次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Kさん(85歳、男性、要支援2)は5年前に妻を亡くし、自宅で一人暮らしをしている。以前は近くに住む友人とカラオケや将棋を楽しむなど活動的な日々を送っていたが、近ごろは足下がおぼつかなくなってきたため、自宅にいることが多くなった。商店街はバスを使わなければならない距離にある。会社員の長女は、他県に住んでいるが、週に1回は訪問して買い物や掃除など身の回りの世話をしている。Kさんは「できるだけ他人の力を借りずに、自分のことは自分でやっていきたい」と言っている。しかし、トイレに間に合わないことがあったり、大好きだった入浴も転倒を恐れ控えるようになってきており、生活に不安を抱くようになっている。週1回の介護予防通所リハビリテーション(以下「デイケア」という)と週1回の介護予防訪問介護を利用している。

【問題】
Kさんの清潔保持の支援に関する次の記述のうち、優先順位の高いものとして、適切なものの組み合わせを一つ選びなさい。
A シャワーチェアーの導入を勧める。
B デイケアでの入浴を勧める。
C 訪問介護員が清拭する。
D 介護予防訪問入浴介護の利用を勧める。

 1 . 
A B
 2 . 
A C
 3 . 
B C
 4 . 
B D
 5 . 
C D
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
11

ここで注目したいのは、Kさんが「できるだけ他人の力を借りずに、自分のことは自分でやっていきたい」と言っていることです。また、自分でできる力はまだまだありますが、転倒を恐れていることです。
ですから、A、BがもっともKさんの要望にそった支援と言えます。Cは入浴が困難な方を支援するものであり、Dは自宅の浴槽での入浴が困難な方を支援するものです。Kさんは、まだそのC、Dの段階までには至っていない状況です。

2014/11/29 14:09
ID : paksxhpn
3

正解は1です。
Kさんが入浴を控える理由として、「足元がおぼつかず転倒を恐れ」との記述があります。そのため安心して入浴を行えるよう(A)シャワーチェアーの導入と(B)デイケアでの入浴を勧めることは現在のKさんの身体能力や本人の意思を考えると適切なものといえます。

2016/04/05 01:26
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。