管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15856問 出題

問題

生産条件と食品成分に関する記述である。正しいのはどれか。
 1 . 
まだい(生)に含まれる脂質の量は、天然より養殖の方が少ない。
 2 . 
お茶に含まれるテアニンの量は、煎茶より玉露の方が少ない。
 3 . 
牛乳に含まれる脂質の量は、ジャージー種よりホルスタイン種の方が少ない。
 4 . 
かつお(生)に含まれる脂質の量は、春獲りより秋獲りの方が少ない。
 5 . 
ほうれんそうの葉(生)に含まれるビタミンCの量は、夏採りより冬採りの方が少ない。

この管理栄養士 過去問の解説(4件)

評価する
1
評価しない
1.養殖の方が定期的に餌を食べることができるため、天然よりも食べる量が確保できます。このため、脂質の量は養殖の方が多いです。

2.お茶に含まれるテアニンの量は玉露のほうが多いです。


3.ジャージー種は、脂質の多い乳牛です。そのため、ホルスタイン種の方が少ないです。

4.かつお(生)は、春より秋の方が脂質が多くなっています。

5.ほうれん草のビタミンCは、冬採りの方が多くなっています。
評価後のアイコン
2016/12/03 02:14
ID : eesrqqyst
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.天然のまだいの脂質が5.8gであるのに対して養殖まだいは10.8gと約2倍の違いがあります。

2.テアニンは煎茶より玉露に多く含まれています。

3.正しいです。

4.春獲りの脂質が0.5gであるのに対して、秋獲りは6.2gです。

5.冬採りのほうれん草のビタミンCは夏採りのほうれん草の約3倍です。
評価後のアイコン
2016/10/20 20:39
ID : nzrkzrzcqm
評価する
0
評価しない
1.まだい(生)に含まれる脂質の量は天然より養殖の方が多いです。

2.お茶に含まれるテアニンの量は、煎茶より玉露の方が多いです。

3.正解です。

4.かつお(生)に含まれる脂質の量は、春獲りより秋獲りの方が多いです。

5.ほうれんそうの葉(生)に含まれるビタミンCの量は、夏採りより冬採りの方が多いです。
評価後のアイコン
2015/06/30 14:07
ID : eeckczncj
評価する
0
評価しない
1 . まだい(生)に含まれる脂質の量は、天然より養殖の方が多いです。

2 . お茶に含まれるテアニンの量は、煎茶より玉露の方が多いです。

3 . 牛乳に含まれる脂質の量は、ジャージー種よりホルスタイン種の方が少ないです。

4 . かつお(生)に含まれる脂質の量は、春獲りより秋獲りの方が多いです。

5 . ほうれんそうの葉(生)に含まれるビタミンCの量は、夏採りより冬採りの方が多いです。
評価後のアイコン
2017/10/01 21:50
ID : ptbkgpwsmc
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。