過去問.com

ケアマネジャー試験 平成24年度(第15回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

指定居宅介護支援について正しいものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
サービス担当者会議において利用者の家族の個人情報を用いる場合は、その家族の同意を文書で得ておかなければならない。
 2 . 
居宅サービス計画に認知症対応型通所介護を位置づける場合は、利用者の主治の医師等の意見を求めなければならない。
 3 . 
居宅サービス計画に短期入所生活介護を位置づける場合は、原則として利用する日数が要介護認定有効期間のおおむね半数を超えないようにしなければならない。
 4 . 
居宅サービス計画に福祉用具貸与を位置づける場合は、当該計画にそれが必要な理由を記載しなければならない。
 5 . 
特定福祉用具の給付は、居宅サービス計画に位置づけなくてもよい。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
24

正解は1,3,4です。
2⇒認知症対応型通所介護は医療サービスではなく地域密着型サービスのため、主治の医師等の意見を求める義務はありません。

2014/09/02 16:17
ID : bqzuosqqxo
22

2:認知症対応型通所介護を利用する場合に、主治医の意見を聞くことは大事ですが、義務ではありません。

5:特定福祉用具の給付も居宅サービス計画に記入する必要があります。使用する目的や目標がはっきりし、利用したことによる患者の生活の変化を評価することにもつながります。

2015/05/30 05:41
ID : anaohrzq
17

2:主治医等の意見が必要なのは訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、通所リハビリテーション、短期入所療養介護の医療サービスを受けるときに必要となる。

5:位置づけられる。

2014/08/07 23:10
ID : ofaxjgyssu
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。