過去問.com

ケアマネジャー試験 平成24年度(第15回) 福祉サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
訪問介護員等が生活援助として買い物を行う場合は、利用者宅に訪問するための移動中に商品を購入することもできる。
 2 . 
要介護1の利用者に対し行った日中における20分未満の身体介護中心型は、保険給付の対象となる。
 3 . 
嚥下困難者のための流動食の調理は、生活援助として算定する。
 4 . 
安否確認のための訪問は、20分未満の身体介護中心型として算定できる。
 5 . 
利用者が飼育している犬の散歩は、介護保険給付の対象外である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
28

2:日中における20分未満の身体介護中心型については、要介護3以上の利用者にのみ算定可能であり、要介護1、2の場合は算定できない。

3:設問は身体介護として算定される。

4:安否確認や健康チェック、声かけ等のサービス提供の場合は算定できない。

2014/08/19 13:17
ID : ofaxjgyssu
16

2:日中における20分未満の身体介護中心型は「要介護3から5」の人でないと算定できません。

3:専門的な知識や技術が必要な生活支援サービスの中には身体介護で算定できるものがあります。
嚥下が困難な人への流動食の調理は身体介護として算定可能です。

4:単なる見守りや安否確認のみのサービスは算定できません。

2015/06/01 05:27
ID : anaohrzq
7

正解は1,5です。
3⇒通常の調理は生活援助となりますが、嚥下困難者のための流動食や糖尿食など、専門的知識と配慮が必要な場合の調理は身体介護として算定できます。
5⇒犬の散歩や草むしり、来客の対応や留守番などは訪問介護員が行わなくても利用者の日常生活には支障がありません。
このような場合はサービスに含まれず、給付の対象外です。

2014/09/02 18:52
ID : bqzuosqqxo
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。