過去問.com

ケアマネジャー試験 平成22年度(第13回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護予防サービス計画について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
目標志向型で策定しなければならない。
 2 . 
主治医にも交付しなければならない。
 3 . 
目標の達成状況についての評価をしなければならない。
 4 . 
生活機能の向上のため、保健医療サービスに重点化しなければならない。
 5 . 
介護予防訪問看護を位置付けるときは、主治医の指示がなければならない。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
11

2 介護予防サービス計画は、利用者とサービス担当者に交付しなければなりません。

4 利用者の日常生活の向上の観点から、介護予防サービス以外の保健医療又は福祉サービス、当該地域の住民による自発的なサービス等も含めた介護予防サービス計画に位置付けるように努めなければなりません。

2015/02/28 22:18
ID : ysaqtrmkds
10

2:利用者と各サービス担当者に交付するが、主治医に交付する決まりはない、

4:介護保険の給付対象外のサービスなども含めて計画に位置づけ、総合的で多様な計画となるように配慮する。

2014/09/09 15:53
ID : ofaxjgyssu
4

1.設問の通りです。利用者が生活機能を改善できるよう、目標志向型の介護予防サービス計画を策定する必要があります。

2.主治医に交付しないといけないという規定はありません。

3.設問の通りです。

4.保健医療サービスを重点化するとは記載されていません。保健医療サービスや介護サービス、ボランティアの利用なども含めて総合的に計画をたてることが必要です。

5.設問の通りです。

2016/05/14 23:21
ID : anaohrzq
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。