過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第41688問」を出題

問題

[ 設定等 ]
法令上、予防規程について、次の内誤っているものはどれか。
   1 .
予防規程を変更する時には、消防署長の認可が必要となる。
   2 .
製造所等の所有者は、管理者又は占有者及びその従業員は、予防規程を守らなければならない。
   3 .
火災の予防のための必要があるときは、市町村長等は、予防規程の変更を命ずることができる
   4 .
予防規程の申請は各市町村長等に行われる。
   5 .
予防規程が危険物の貯蔵、取扱いの技術上の基準に適合していないときは認可されないことがある。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問290 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
22
評価しない

誤っているのは1です。

各選択肢について補足事項とともに説明します。
カギカッコが付いている箇所は、他の事項と混同しやすい部分です。

1. 「消防署長」の部分が誤りです。
  予防規程の作成と変更においては、「市町村長等」の「認可」が
  必要になります。

2. 正しい内容です。
  消防法十四条の二の第4項に明示されています。

3. 正しい内容です。
  市町村長等は、予防規程の「作成」における認可だけでなく、
 「変更」を命じることもできます。

4. 正しい内容です。
  予防規程の作成と変更においては、「市町村長等」の
  「認可」が必要になります。

5. 正しい内容です。
  貯蔵、取扱いの基準に適合しなければ認可はできません。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない

予防規程について誤っているのは
1 . 予防規程を変更する時には、消防署長の認可が必要となる。
です。予防規程の変更は「市町村長等」が認可します。

他の選択肢はいずれも正しい内容です。

評価後のアイコン
評価する
4
評価しない

正解は1です。

1 . 「消防署長の認可」の部分が誤りです。
正しくは、「市町村長等の認可」です。
(消防法第14条の2)

2 . 正しい内容です。

3 . 正しい内容です。

4 . 正しい内容です。

5 . 正しい内容です。

評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
1.予防規定の申請先、認可、変更の命令などは全て”市町村長等”による認可と義務付けられています。

2.正解です。

3.正解です。

4.正解です。

5.正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。